栄養不足が原因!出血以外でも貧血になるのです

鉄分が不足する原因

レディ

酸素のバランスが崩れる

鉄欠乏性貧血の原因として挙げられるのが、酸素の需要と供給バランスが崩れてしまうことです。体が必要としている酸素を供給できなくなることで、貧血を起こしてしまうことがあります。一般的に日常生活の中で起こることはまれですが、妊娠中や成長期には酸素のバランスが崩れやすいので注意しましょう。妊娠中や成長期には、体の中で新しい細胞が作り出されるようになります。その為、大量の酸素が必要となってくるのです。このように大量の酸素を必要としている時に、酸素の供給量が不足してしまうと鉄欠乏性貧血を起こしてしまうことがあるのです。さらに、大きな病気や怪我をしてしまうことで、貧血を起こすこともあります。傷や病気を回復させる際にも、大量の酸素が必要となるのです。貧血でフラフラする前に対処すべきでしょう。

赤血球が破壊される

激しい運動を行なうと、赤血球が破壊されてしまうことがあります。赤血球が破壊されてしまうと鉄分を運搬することができなくなり、大量の鉄分が喪失してしまうのです。鉄分が大量に損失してしまうと、鉄欠乏性貧血を引き起こしてしまいます。発汗によっても鉄分を損失してしまうので注意しましょう。特に、夏場などは汗をかく機会も多くなってくるので、鉄分が喪失してしまうことが多くなってしまいます。適度な運動を行なうことで、血行を良くすることができますが、あまりに激しすぎる運動は貧血のリスクを高めてしまう恐れがあるのです。そのため、激しい運動をする機会が多い方や、発汗量が多い方は十分に気を付けるようにしましょう。心あたりがある方は、積極的に鉄分を摂取する必要があります。

たんぱく質やビタミン不足

一般的にダイエットに取り組んでいる女性の方も少なくありません。そして、ダイエットを意識しすぎるあまり、食事から摂取する栄養素が偏ってしまうことがあるのです。栄養バランスの偏りは鉄欠乏性貧血を起こす原因となります。無理な食事制限や偏食は、体に悪影響を及ぼしてしまうのです。特に注意しておきたいのがたんぱく質とビタミンB群の不足でしょう。ヘム鉄を体内で使用するためにはたんぱく質が必要となります。たんぱく質がなければヘム鉄を体内に取り込むことができません。ビタミンB群は鉄分の吸収を促進してくれます。鉄分だけを摂取しても、たんぱく質とビタミンB群が不足していると、栄養として鉄分を吸収できなくなってしまうのです。鉄分だけではなく、他の栄養素にも目を向けるようにしましょう。

食事で改善

女性

食事療法の特徴

食事療法によって、鉄欠乏性貧血の改善ができます。食事療法の基本を学んでおきましょう。また、鉄分を多く含む食べ物をランキング形式で紹介しているので、積極的に食事に取り入れていくのがおすすめです。

READ MORE
広告募集中